【商品のサイズが大切】紙袋の作成を依頼するときに注意点とは

設置する場所と特徴

看板

目的に合わせて使い分ける

看板は設置する場所によっていろいろな種類に分かれ、その目的や特徴も異なります。欄間看板は店舗の入口に掲げるもので、まさに店の顔と言えるため、できるだけ立派なものを制作したいところです。しかしこれだけでは、客の視線を集めるという本来の目的を十分に果たすことはできません。道路方向へ張り出す形で、建物の側面に設置するのが袖看板です。道路を通行している人は、両方向から店の位置を確認することができます。多くの情報は記載できませんが、遠くからでも見えるという特徴があり、客を誘導するのに効果的です。置き看板は店舗の前に設置するもので、最も客の視線に近い場所にあるため、店の特徴をアピールするのに有効な手段です。お勧めの商品やメニューを記載することが多く、目立つように電飾で仕上げることもあります。ただし公道上に設置するのは違法なので注意が必要です。より規模の大きなものには野立て看板があります。屋外に支柱を立てて設置するもので、場所を取るため都市部に設置するには向きませんが、郊外型の店舗にはよく見られます。大きくて遠くからでも目立つため、車で来店する客にも効果的なアピールになります。反対に都市部では、屋上広告板を出すことができます。ビルの屋上に大きな看板を設置することで、店舗や企業の名前を多くの人に広めることができます。このほか横断幕やのぼり、ウインドシートなども看板の一種であり、上手に活用することが集客力の強化に繋がります。