【商品のサイズが大切】紙袋の作成を依頼するときに注意点とは

宣伝ツールについて

広告

持ち歩かれる看板として

お店や企業の宣伝をするのに、紙袋は有効な手段の一つとして人気です。それというのも、紙袋はビニール袋などに比べて形がしっかりしているので、ロゴやお店の名前を明確に見せやすいからです。また、紙袋は買い物後の持ち歩きだけでなく、家に帰って中身を出した後も、何かを入れるのに再利用されやすいものです。そのため、その分人目に触れる機会が多くなりやすいのもメリットなのです。ですから、宣伝効果を期待して紙袋をオーダーメイドする際には、「オリジナリティが高く、人目を惹きやすいデザイン」と、「捨てずに再利用されやすい、しっかりした上質感のある素材」の2点をポイントにオーダーすると効果的です。フルオーダーで形やデザインからこだわる場合も、セミオーダーで費用を抑えながら効果も出したい場合も、そこを押さえておけば、コストパフォーマンスの良い宣伝用紙袋を作りやすいでしょう。そしてそうした潜在顧客へのアピールだけではなく、紙袋は実際に買い物をした客に対しても宣伝効果があります。例えば、買ったものを持ち帰る際、簡易なビニール袋ではなく綺麗な紙袋に入れてもらえれば、「丁寧に扱ってもらえた」という感覚が残りやすくなります。そうすれば、同じものが他の店にあったとしても、「あそこで買おう」と思ってもらえる確率が高くなるのです。このように、紙袋は、いわばばらまき型のお店の看板としての役割を果たす、重要な宣伝ツールなのです。