【商品のサイズが大切】紙袋の作成を依頼するときに注意点とは

発注までの流れを把握

広告

数や納入先を検討

買い物袋として顧客に無償提供する事はもちろん、イベントで来場者に配ったり、製品として販売したりと、紙袋の使用方法は様々です。こういった紙袋をオーダーする場合には、知っておきたい基本的な知識がいくつか挙げられます。まずは発注までの流れの把握が大切で、用途を明確にしてデザインを決め、オーダーする業者を探します。デザインは用途とテーマを異なるデザイナーに伝え、仕上がったデザインの中から採用するとスムーズに決まります。次にオーダーする業者選びですが、ポイントは価格と納期です。見積もりを比較すると同時に、納期も選考基準として考慮しておくと安心です。また、オーダーする紙袋の数によって見積もりと納期は変動するので、各業者にはいくつかの条件を提示すると、様々なデータを比べる事が出来ます。そして、業者が決まったらオーダー数を決定します。紙袋を長期的かつ継続的に使用するのであれば一定ロットで発注すれば良いですが、イベントなどで使用する場合は来場者数などを想定して慎重に決めましょう。また、忘れてはならないのが、使用するまでの保管場所です。なぜなら紙袋は大量に発注するケースが多く、事前に保管可能な量を把握しておき、その上限を超えないオーダー数を心掛けましょう。最後に豆知識として知っておきたいのが、多くの業者では納入先を指定出来たり、複数の納入先を指定出来る分納サービスを行っている事です。特にイベントで使用する場合は会場に直送すると便利で、イベント会場の受け入れ状況を確認した上で、選択肢の一つとして把握しておきましょう。