【商品のサイズが大切】紙袋の作成を依頼するときに注意点とは

広告

宣伝ツールについて

紙袋は、買い物客にはビニール袋よりも高いステータス感を与え、持ち歩かれることで潜在顧客へのアピールとなる、非常に重要な宣伝ツールとして人気です。ですから、紙袋をオーダーする際は、人目につくデザインや色形、そして買い物後も再利用されて持ち歩く機会を増やすための品質の両方を考えるのが有効です。

看板

設置する場所と特徴

看板は設置場所によって特徴や目的が変わります。たとえば袖看板は遠くから店舗の位置を確認できるため、通行中の客を誘導するのに効果的です。置き看板は店の前に設置して、お勧めの商品やメニューをアピールします。

紙袋

企業に人気の広告媒体

看板は、一度作るとずっと使っていけることがメリットです。また、制作費やメンテナンス費も他の媒体より安くすむので、コストパフォーマンスがよいと言えます。視覚に訴えることが特徴の看板は、人々の印象に残りやすく、企業や商品などの認知度や好感度アップにつなげやすいです。結果として、業績向上が期待できます。

女性

オーダーメイドで悩み解決

汎用性が高く、使うメリットも多い紙袋ですが、自分が欲しいサイズがなかなかないという経験がある人も多いでしょう。そんな人は、紙袋オーダーメイドサイトを利用してみましょう。自分が満足のいく紙袋が入手できること間違いなしです。

広告

発注までの流れを把握

紙袋をオーダーする場合は、発注までの流れをきちんと把握する事が大切です。まずはデザインを決定し、次に複数の業者に見積もりを依頼します。この時、納期の確認も大切な要素なので、必ず把握しておきましょう。発注段階では数の調整がポイントで、特に保管場所の上限を超えないよう心掛けます。

看板

注目してもらうには

看板はコストはかかるが効果も高い屋外広告です。設置場所やデザインなどを総合的に考えて設置しなければなりません。大きいほど効果も高くなりますが、コストもかかるので工夫することも大事です。デザインについては街の景観とあっているかもポイントとなります。

紙袋

長期間の宣伝に便利

看板は木や金属で作られているので、紙製のチラシやポスターよりも長持ちします。そのため長期間の宣伝に便利ということで、多くの企業が利用しています。しかも、必要に応じて宣伝内容を変更できるスタンド看板や電飾看板などもあります。いずれも専門業者から購入できますし、印刷や設置も併せて依頼できるのです。

広告宣伝ツールとして活用

紙袋

入れる商品に合わせて

店舗で渡す紙袋といえば、お客さまにとっては購入した商品を入れる袋という認識ですが、店舗にとっては重要な広告宣伝ツールの1つです。その一例が、高級ブランドショップで使用されている紙袋に如実にあらわれています。どの高級ブランドショップでも、紙袋は非常におしゃれな作りをしており、用がすんでもすぐに捨てるには勿体無い紙袋です。また、おしゃれな紙袋は多くの人が好みますし、特に女性はその傾向が非常に高いので1つの紙袋でいくらでも店舗やブランドの宣伝をしてくれます。よって、店舗に来る客層に合わせた紙袋を制作し、お客さまに広告宣伝活動をしてもらえるようなクオリティの高いものを作ることが大切です。そのためには、商品を入れる紙袋のサイズにも気を配りましょう。店舗で販売している商品がワインやお酒なら、縦長のサイズでかつ店舗のイメージを打ち出したデザインのものを作るといいでしょう。また、同人イベントで使用するなら制作している同人誌がしっかりと入るサイズの紙袋を制作し、かつ何冊入れられるのかまで計算してサイズをチョイスしましょう。紙袋のサイズの選び方は、入れるものがはっきりとしているときはそれが入るサイズを基準として、どれくらいの量を入れるのかを考慮して選ぶようにしましょう。その際には、ものを入れてもきちきちにならず、少しゆとりがでるくらいのサイズが理想的です。サイズにゆとりがあれば実際に使用する店舗でも、臨機応変にさまざまなものを入れることができるので大変便利です。